食事制限はほどほどに

食事制限はほどほどに

 

 

妊娠中の悩みの種の一つである体重管理。妊娠を経験されたほとんどの方は参院から体重増加を指摘されたことがあるのではないでしょうか。それだけ妊娠中の体重管理は難しいと考えます。
なぜ妊娠中の体重管理が大切かというと、体重が急激に増加することで妊娠中毒症の原因になったり、難産の可能性が高くなります。逆に体重増加を気にするあまり食事を制限しすぎると胎児が栄養不足になり、発育に影響が出たり低体重児での出産につながることになります。

 

長男を妊娠した時は体重管理に対して非常に敏感になりすぎてしまい、できるだけ摂取を抑えようと必死でした。いつもお腹が空いた感覚がありましたが、我慢していました。その結果、お産の時期になっても胎児の体重が思うように増えず、出産ギリギリになって焦ってしまいました。生まれた長男は2500gとやはり小さく、手足が細々とした赤ちゃんでした。その後の発育も少し遅く、病気ではないですが筋力が比較的弱い赤ちゃんでした。病気にかかることも多く、アレルギー体質で5歳になった今でも色々体調に問題を抱えています。

 

次男の方は長男の時の失敗から、きちんと食事を摂るように心がけていました。むしろ少し食べ過ぎたけらいもあるかもしれません。参院から一、二度体重増加を注意されました。体重増加のギリギリを維持しながら、無事出産し、3300g越えのしっかりとした赤ちゃんが生まれました。その後の発育も順調で、心配事も少なく元気に育ってきました。

 

 

 

二人を産んでみて体重管理の難しさを色々考えさせられました。体重増加を考慮しながら、栄養を考え、運動を考え、その丁度良いところを維持することがどれほど大変かを改めて感じます。短いようで長い妊婦生活、体重管理には本当に骨が折れますが、赤ちゃんと母体のためにぜひ真剣に見つめなおして下さい。

 

こちらもおすすめ、つわりがおさまってからの体重維持の方法