つわりがおさまってからの体重維持の方法

つわりがおさまってからの体重維持の方法

 

 

つわりがひどい時期は、何か食べられるものはないかと必死にいろいろなものを試して食べたりします。それも充分すぎるほどつらいのですが、つわりが収まって少し安定してきた時期!これもなかなか大変なのです。
野菜も取って、葉酸サプリもとったり、食事の量も適量で十分に気を付けているつもりでも、2週間おきの妊婦健診に行くとなぜか体重が増えていました。そして先生に次までに体重増やさないでと御叱りを受け意気消沈し、そんなに食べてないのにどうしたらいいのかと。

 

 

 

そんなときにおすすめなのが「1食焼き芋生活」です。一日のうちで、一食を焼き芋に置き換えるだけです。
焼き芋は、食物繊維もたっぷりでお通じもよくなるし、甘みはあるけど、カロリーが低い。そしてお腹がふくれるので食べ過ぎの心配もなく満腹になります。但し、さつまいもだからと大学イモにしたり天ぷらなどにするとあっという間にカロリーが高くなるので意味がありません。今はスーパーで一年中調理済みの焼き芋が売られているので簡単に手に入るし、美味しいしおすすめです。
とくに昼に食べると満腹感が続くので、3時にちょっとおやつ・・・ということもなく夜までいけます。

 

 

 

そして、どうしても小腹が空いて何か食べたいな〜と思った時には、スルメ&コンブです。
特に昆布がオススメです。スルメは臭いもあるので場所を選びますからね。スルメは夜食を我慢するときに。
昆布は、だしなどに使う固い状態のものをはさみで一口サイズに切って保存ビンに常備しておきます。こちらも、カロリーは低いし添加物などの心配もないし何度も噛むことで満腹感が得られます。持ち運びもできるし、どこでも食べられるので重宝します。

 

昼食を焼き芋にし、お腹が空いたら昆布で満たし、夜はスルメで我慢。これが習慣になれば、たまにケーキ食べても体重は大丈夫ですよ。
 
カロリーの低い好きなものを見つけておくのがおすすめ☆美味しくヘルシーなマタニティライフを送りましょう☆